アルギニンを安全に摂取するためには??

アルギニンを摂取する事で、健康に良いという事はほとんどの方がご存じかと思います。

ただ、「アルギニン」という名前が付いているものであれば、全て健康に良いのでしょうか?

実はアルギニンの中にもいくつか種類があって、摂取すると副作用が強いものもあるんですね。

そのような事もある程度知っておいた上でアルギニンの商品を購入する必要があるんですね。

ここではアルギニンを摂取するためにはどうすれば良いのかについて解説したいと思います。



副作用を出さないアルギニンの摂取量という基準がある!

臨床データの多くを確認してみると、アルギニンというのは効果が現れてくるのに時間がかかるため、ある程度長期間摂取し続けなければならないんですね。

しかし、懸念されるのがその副作用だと思います。

副作用という事は、大なり小なり健康を害する事を意味します。

健康のためにアルギニンを摂取しているのに、アルギニンの副作用で健康を害してしまっては意味がありません。

臨床データの結果では、副作用を出さないようなアルギニンの摂取量という基準があるみたいで、一般的には1日15g~21gくらいとされているそうです。

これは大人の数字になりますので、お子さんの場合は体重×0.4gを目安にして頂けたらと思います。

言うまでもなく、この数字というのは身体の安全面を考慮した上での数字になるみたいですね。

この数値を超えないように摂取する事がアルギニンを安全に摂取するという事に繋がると思います。

 

アルカリ性が強い成分のものも含まれている!

アルギニンの種類によっては安全性を無視しているような製品もあるんですね。

このようなアルギニンの製品の中には、アルカリ性が強い成分のものも含まれているとの事です。

この種類のアルギニンを摂取した場合、1日1gを超える量を摂取するだけで胃や食道に炎症を起こすなど、消化器官への影響が出てくるようになります。

この種類のアルギニンの場合は、摂取量を増やせば増やすほど身体に及ぼす影響も激しくなってきてしまいますので、購入する際には充分に注意する必要があるんですね。

このような商品を購入してしまうと、継続的なアルギニンの摂取も難しくなってしまいます。

 

アルギニングルタミン酸塩を原料に使っているものもダメ!

その他にもアルギニングルタミン酸塩という成分を原料に使っているものもありますが、この場合もだるさや頭痛、吐き気などの症状が出てくる場合もありますので、気を付ける必要があります。

アルギニンを安全に摂取していただくためには、アルカリ性を中和できるようにクエン酸などの酸で中和させているサプリメントを使用するなど、身体に影響が出ないようなアルギニンサプリメントを慎重に選んで飲んで頂ければと思います。

しかし、このような身体に悪影響を与えるようなアルギニンを使用している商品は無理して購入しないという選択があっても良いかと思います。

他にも安全性が高いアルギニンもありますし、もっと言えば食材からでも摂取できるものでもありますので、様々な副作用の症状を出てくる危険性があるアルギニンはあまりオススメできません。

原材料のところにアルギニングルタミン酸塩を使っていると分かったのであれば、購入しない方が良いと思います。

 

アルギニンにも安全なもの、そうでないものがある!
効果を期待して過剰にアルギニンを摂取しても、あまり良い事はありません。副作用が出てしまう事もあります。健康になるために摂取したはずなのに、これでは全く意味がありません。アルギニンにも安全なもの、そうでないものがあるという事も知っておくと良いですね。日本国内で製造されている商品に副作用が強いアルギニンを使用しているところはほとんどないかと思います。海外のものは注意が必要ですね。アルギニンを安全に摂取するために必要な情報だと思いますので、是非参考にしてみて下さい。



コメントを残す