アルギニンとシトルリンの非常に深い関係性とは?

アルギニンのサプリメントなどの商品を見ていると、シトルリンという成分をよく見る事が多いと思います。

シトルリンもアルギニンと同じように身体の健康に良い栄養を与えてくれる成分なので、一体どのような成分なのでしょうか?

そして、シトルリンはアルギニンと深い関係があると言われております。

このシトルリンとアルギニンにはどのような関係性があるのでしょうか?

ここではアルギニンとシトルリンの関係性について解説したいと思います。



アルギニンとシトルリン、どちらもアミノ酸の一種!

シトルリンというのは、アルギニンと一緒にサプリメントに配合されている事が結構多い成分になります。

アルギニンとシトルリン、どちらもアミノ酸の一種になるんですね。

そうした理由で、このアルギニンとシトルリンの2つの関係性というのは非常に深いものがあるんですね。

 

アンモニアを排出してくれるという役割を持っている!

シトルリンというのは、身体の中に入るとアルギニンに変化する性質を持っている事が分かっております。

しかし、アルギニンもシトルリンに一部変化してしまう事もあると言われておりますので、相互で変化し合うという関係性を保っているんですね。

アルギニンとシトルリンの2つの成分は、身体の中にある毒素を尿素回路を使って、特に身体に有害とされているアンモニアを排出してくれるという役割を持っていて、身体を健康な状態に保ってくれているんですね。

また、シトルリンというのは単体でもサプリメントで摂取する事ができますが、シトルリンそのものの期待できる効果としては、血流の改善の効果が期待できると言われているんですね。

これはアルギニンにも同じような効果が期待できますので、お互いが同じような効果を持っているという事になりますよね。

 

シトルリンが身体の中に入り、アルギニンに変化する!

さらにシトルリンというのは、血管の酸化を防いでくれたり、老化を防いでくれたり、強くしてくれたりしてくれます。

このような効果があると言われているシトルリンですが、基本的な感じとしてはシトルリンが身体の中に入り、アルギニンに変化した事でアルギニンの働きが期待できるという事になりますので、特にシトルリンをわざわざ摂取しなくてもアルギニンだけで大丈夫なんじゃないかという事も言われているみたいです。

何はともあれアルギニンもシトルリンもどちらにしてもアルギニンになるという事で、一緒に配合されているサプリメントを摂取してみても良いと思います。

ちなみにスイカに多くのシトルリンが含まれていると言われております。

 

それぞれで効果には特徴があるので目的を持って摂取する!
アルギニンとシトルリンは身体の中で相互で変化し合うのですが、やはりそれぞれで効果には特徴がありますので、目的を持って摂取する必要があると思います。アルギニンにはアルギニンの特徴がありますし、シトルリンにはシトルリンの特徴があります。ただ、深い関係性がある事に間違いはありません。そして、アルギニンとシトルリンの2つの成分は1つのサプリメントで一緒に配合されている事が多いので、そんなに気にしなくても大丈夫という事もあると思います。

シトルリンの効果についてはこちらでも解説しております。是非ご覧下さい!



コメントを残す