ヘルペスでお悩みの方はアルギニンを控えよう!

アルギニンを摂取しているという人は、アルギニンの様々なメリットの恩恵を受けるために摂取していると思います。

そんな中、アルギニンを摂取しない方が良いという人がいるんですね。

それはヘルペスに苦しんでいる人です。

どうして、ヘルペスに苦しんでいる人はアルギニンを摂取しない方が良いのでしょうか?

ここではヘルペスとアルギニンの関係性について解説したいと思います。



ヘルペスの特徴とは?

唇に水疱状のものができてしまう症状の事をヘルペスと言いますが、このヘルペスというのはしばしば見られますよね。

このヘルペスというのが結構痛いもので、他の場所にもうつる可能性もあるとして、結構困った症状と言えるでしょう。

一度罹ってしまうと、その後も罹りやすくなってしまうという嫌な特徴も持っているんですね。

痛いのはもちろんですが、見た目もあまり良くないので、正直普段からヘルペスに罹らないようにしておきたいですよね。

 

ヘルペスに打ち勝つためにはどうすれば良い?

そんなヘルペスと戦っていくためには、とりあえずは食生活を見直したり、生活習慣を見直したりする必要があるようなんですね。

普段から栄養バランスが偏った食事をしていたり、十分な睡眠ができなかったりすると、ヘルペスにはなりやすい状況になってしまうんですね。

ヘルペスになる際にはヘルペスウィルスというのが身体にあるわけなんですが、このヘルペスウィルスに勝つために、身体の免疫力を高める必要があるんですね。

そのためには、睡眠を十分に取ったり、野菜を積極的に摂ったりして、免疫力を高めていく必要があります。

栄養をきちんとバランス良く摂る事には、ヘルペスだけに限らずどんな病気に対しても、健康体の身体であっても必要な事なんですね。

そして、身体の免疫力が高まれば、様々なウイルスも寄せ付けない身体になるという事なんですね。

 

ヘルペスの時はアルギニンは摂取しない方が良い!

ただし、注意して欲しいのが、ヘルペスウィルスを退治するためには、ビタミンやリジンと言った栄養分をたくさん摂取するように心掛けて、アルギニンという成分はなるべく摂取しないようにする事が重要になると言われております。

アルギニンというのは、成長ホルモンの分泌を活性化させたり、身体に必要不可欠なアミノ酸なので積極的に摂取した方が良いとされています。

しかし、アルギニンはヘルペスウィルスの発生を促進させる作用があると研究結果で証明されているみたいで、ヘルペスにならないためには逆にアルギニンを摂取しないようにしなければならないんですね。

健康に良いからと言って、アルギニンの摂取を止めなければ、ヘルペスを余計に悪化させてしまう事になるんですね。

 

ヘルペスになった時はリジンを積極的に摂取すると良い!

もしも、現在ヘルペスで苦しんでいるという方は、アルギニンが含まれているカフェイン・チョコレート・ゴマ・ピーナッツなどをなるべく食べないようにした方が良いと思います。

これらの食材を食べないだけでもヘルペスの症状の悪化を防ぐ事ができると思います。

反対にヘルペスになってしまった時に摂取した方が良い成分にリジンというものがありますが、このリシンもアミノ酸の一種になります。

こちらはアルギニンと違って、ヘルペスウィルスの増殖を抑えてくれる作用があるみたいですので、ヘルペスで苦しんでいる時には積極的に摂取したい成分という事になりますね。

食事でリジンを摂取する事が難しいのであれば、やはりリジンを配合しているサプリメントを摂取する事もオススメですね。

 

ヘルペスになってしまった時にはデメリットになってしまう!
アルギニンを摂取すると、様々なメリットがあるのですが、ヘルペスになってしまった時にはデメリットになってしまうんですね。リジンという成分はヘルペスになった時に摂取した方が良いものになりますが、それ以外にも疲労回復効果があったり、集中力がアップしたり、成長をサポートしてくれたり、肝機能をサポートしてくれたり、髪をイキイキさせてくれたり、などの効果も期待できるんですね。なので、ヘルペスになってしまった時に積極的に摂取した成分でもありますが、それ以外にも様々な効果が期待できますので、求める効果があれば、積極的に摂取しても良いかもしれませんね。アルギニンを摂取しておけば、身体に良いという事だけではなく、しっかりとデメリットについても把握しておく必要があるんですね。



コメントを残す